オーディブル

Amazonオーディブルをやめた!デメリットとその理由5選・いまいちと感じる4選・オーディブル以外は? 

 

Amazonオーディブルを始めたのは良いけれど、月額料金もかかるし、この先も続けるかどうか迷ってしまいますよね。できれば、オーディブルをやめてしまった人の理由を知りたいと思います。私も参考まで、やめてしまった人の理由を知りたいと思いました。また、これからオーディブルを始めようか、検討をしている人にとっても、やめた人の正直な理由はとても参考になると思います。

 

そこで、このサイト管理者がオーディブルをやめた理由を徹底調査しました。私自身もオーディブルを1年以上続けていて、毎日聴いているのですが、やめた人の理由は気になります。なぜ、オーディブルをやめてしまったのか、その理由をつきとめました。

 

さらに、この記事では、オーディブル以外のオーディオブックについても調べていて、どの記事にも書かれていない内容も網羅されています。最後まで読んでくれたら幸せです。

 

  Amazonオーディブルを無料で始めてみて、本を聴くワクワクを体感してみては❗️

 

 

オーディブル無料体験

 

▷▷▷無料体験中でも退会できるので安心❗️詳しくはコチラ

 

 

Amazonオーディブル やめた理由・デメリット

 

Amazonオーディブルをやめた理由5つを紹介します。やめた理由を知ることで、オーディブルは自分に向いているのか、その判断の基準になります。

 

オーディブルは頭に入らない

 

Audibleが頭に入らない3つの理由をご紹介します。

 

1. 勘違いされている状態

 

Audibleが「頭に入らない」と感じるのは、実は「頭に入れる」というプロセスを勘違いしているからです。「頭に入れる」というプロセスを理解することが重要です。

情報を頭に入れるプロセスは、注意深い聴き取り、内容の理解、そして記憶の形成から成り立っています。しかし、多くの人は単に聞いているだけではなく、その内容を深く理解しようとせず、適切な注意を払っていないことがあります。

Audibleを聴く際、単なる背景音楽として聞いている人も多いです。しかし、情報を実際に頭に入れるためには、積極的な注意と意識的な意欲が必要です。

頭に情報を入れるためには、聴くことだけでなく、内容を問い直し、自分の言葉で再構築することが不可欠です。このプロセスを怠ると、情報は脳に定着せず、後になって思い出せないことがあります。

要するに、Audibleを効果的に活用するためには、単なる聞き流しではなく、積極的な意識と深い理解を持って臨むことが大切です。これによって、情報が頭に確かに入り、記憶に定着しやすくなります。

 

2. マルチタスクの影響

 

Audibleを聞きながらの作業は人によって異なります。マルチタスクの中で集中できない場合、情報がうまく吸収されません。マルチタスクの中で集中できない場合、情報の処理能力が競合し、効果的な学習や理解が妨げられる可能性があります。

人間の脳は同時に複数の情報を処理することが難しく、集中力は限られています。したがって、同時に複数の活動(例えば、Audibleを聞きながら他の作業をする)を行うと、脳はそれらの情報を切り替えながら処理しようとします。

この切り替え作業は、情報の整理や記憶の形成を困難にします。集中できない場合、聞いている内容があいまいになり、理解が難しくなります。特に複雑な概念や深い内容を理解する際には、集中力と注意の焦点を一点に合わせることが不可欠です。

マルチタスクの中での集中力の分散は、深い学習や情報の定着にとって障害となります。

したがって、Audibleを効果的に頭に入れるためには、できるだけ集中して聞くことが必要です。他の作業との競合を避け、静かな環境や集中できる時間帯を選んで、積極的に耳を傾けることで、内容の理解と記憶の定着を促進できるでしょう。

 

3. 無意識の聞き流し

 

例えば、家事に追われている際は、イレギュラーな状況が続きます。無意識に音声を聞き流すことが多いため、Audibleの内容が効果的に頭に入ってこないことがあります。情報は脳に表面的に触れるだけで、深く処理されることなく通過してしまう可能性があります。

脳は、外部からの刺激に対して自動的に反応する傾向がありますが、その反応が深い学習や記憶に繋がるわけではありません。

Audibleを聴きながら他のことに集中してしまうと、音声は耳に入ってくるものの、意識的にはあまり気に留めずに脳が処理します。この状態では、情報は一時的には受け入れられるかもしれませんが、深い理解や記憶にはつながりにくいです。

深い学習や記憶の定着を促進するには、意識的な聴取が必要です。意図的にAudibleの内容に集中し、積極的に理解しようとすることで、脳は情報をより深く処理し、長期的な記憶として定着させやすくなります。

無意識に聞き流すのではなく、積極的に意識を向けることで、Audibleを効果的に活用し、知識や情報をより確実に取り込むことが可能です。

 

以上が、Audibleが頭に入らない3つの主な理由です。

 

なお、オーディブルは頭に入らないに関しては、詳しく記事を書いてます。さらに深堀りしたい人は読んでみて下さい。

Amazonオーディブルは頭に入らない?聴くべき本の選び方からオーディブルを楽しむヒントなど

    Amazonオーディブルに登録をして試してみたいけれど、「頭に入ってこないのでは?」と戸惑っているあなたへ。私も最初はオーディブルで聴くだけでは頭に入ってこないのでは?と、不安でした ...

続きを見る

 

オーディブルはいまいちと感じる理由

 

Audibleがいまいつと感じる理由をご紹介します。

 

1. 新書が少ない

 

オーディブルでは新刊本のラインアップが限られているため、最新の書籍にアクセスすることが難しい点があります。Amazonオーディブルでは、新しい書籍や著名な著者の最新作が、紙ベースの本と比べるとラインアップされる頻度が低いです。

これは、出版社との契約やライセンスの制約によるものが一因です。そのため、最新のビジネス書やベストセラー小説など、読者が興味を持つであろう新刊本にアクセスすることが難しくなります。

読者は自身の関心に合った最新情報を得ることが制限され、他の書店や図書館で手に入れることができる新刊本と比べ、選択肢が制約されるという問題が生じる傾向があります。

 

2. 本の価値が薄れる

 

聴く形式のため、本を手に取って読むという感覚や体験がなくなり、本の価値が薄れると感じる人もいます。文章だけでなく、本の装丁や挿絵なども楽しめません。

オーディブルは音声形式での提供を主体としており、文字を読むという体験がなくなるため、本を手に取って読む際に感じる深い洞察や没入感が薄れる可能性があります。

また、本の魅力は単に物語や情報だけでなく、文章の構造や言葉選び、著者のスタイルなど、文章そのものによっても成り立っています。

しかし、音声形式ではこれらの要素を直接感じ取ることが難しく、読書の魅力の一部が失われることがあります。

また、本には挿絵や図版、特定のフォントやレイアウトなどが含まれており、これらも本の価値を形成する要素ですが、オーディブルではこれらを楽しむことができません。そのため、読者は本来の形での本の魅力や価値を感じることが制限される傾向があります。

 

3. 聴き放題の対象外がある

 

オーディブルの聴き放題サービスには一部の書籍が含まれていない場合があり、そのため全ての本が制約なく聴けるわけではありません。利用者は制限された範囲内で選択しなければならない点がデメリットです。

Amazonオーディブルの聴き放題サービスは便利ですが、一部の書籍が対象外となることがあります。これは、出版社や著作権者との契約上の制約から生じます。したがって、ユーザーが望む特定の書籍が聴き放題の対象外である場合、それを利用することができません。

この制約は、人気のある書籍や新刊本にも適用されることがあり、ユーザーは自身の興味に合った書籍を制限された範囲内で選択しなければなりません。

その結果、聴き放題のサービスが十分に満足できるものであるかどうかは、利用者が望む書籍が含まれているかどうかにかかっており、すべての本が制約なく聴けるわけではないという点に留意する必要があります。

 

4.付属資料がないタイトルがある

 

一部のオーディブルのタイトルには、本に付属している資料や図版が含まれていない場合があります。このような場合、読者は本来の著者が意図した情報や補足資料を見逃す可能性があります。

例えば、教育書や技術書、料理本など、本文とは別に視覚的な情報が不可欠な場合、オーディブル版ではその情報にアクセスできないという問題が生じます。

これにより、読者は著者が提供した本来の意図や補足情報を見逃す可能性が高まります。特に、図版やグラフが理解を助ける学術書や専門書では、聴覚だけでは本の内容を完全に理解することが難しくなります。

その結果、読者は必要な情報を得ることが制約され、書籍の内容を十分に活用することができない可能性があります。

 

これらの点を踏まえて、Amazonオーディブルを登録する際には、これらのデメリットを考慮すると良いでしょう。

 

オーディブル以外のサービスを利用しようと思った

 

オーディブル以外のサービスを利用しようと思った、その理由をまとめました。

 

コンテンツの不満

 

オーディブルのコンテンツが満足できなかった。必要な情報や興味深い本が不足していた。などが挙げられます。例えば、Kindle Unlimitedは本を聴くではなく、読む本のですが、扱ってる書籍は200万冊以上です。オーディブルは12万冊以上なので、圧倒的に少ないです。

また、金額もKindle Unlimitedは980円に対して、オーディブルは1500円と高めです。

 

➤➤➤Kindle Unlimitedはコチラ 

 

利用料金の問題

 

先ほども触れましたが、オーディブルの利用料金が高く感じる人も少なくないです。他のサービスではaudiobook.jpは、1万5000点以上の作品が聴き放題です。オーディブルよりは扱う冊数は少ないですが、月額会員プランとして1,330円、年割プランだと月額833円で、オーディブルよりも安いです。

同じコンテンツをより安く手に入れられる可能性がある。

 

➤➤➤audiobook.jpはコチラ

 

なお、オーディブル以外のサービスを比較した記事を下記に書いてます。参考にして下さい。

Amazonオーディブル月額料金について❗️プライム会員の特典には含まれてるの?オーディブルの特徴など解説

    Amazonオーディブルに登録をしてみたいけれど、気になるのは月額料金ですよね。私も登録する前は月額料金や無料でお試しができるのか?など、知りたいと思っていました。 &nb ...

続きを見る

 

これらの理由から、オーディブルをやめて他のサービスを利用しようと考えました。

 

オーディブルは有料の本が高い

 

有料本の価格がオーディブルは2000円から3000円と高額であることが一因になってます。聴き放題会員は20%OFFの価格で購入できますが、それでも紙ベースの書籍に比べれば高く感じてしまいます。ユーザーは高額な有料本に対して、コスト面での不満を持っています。やめる決断をする人もいるでしょう。

オーディブルの有料本が高額である主な理由は、プロのナレーターの人件費です。優れたナレーターは高いスキルと経験を持っており、そのため制作コストがかさみます。

クオリティの維持の面から、高い人件費は高品質なオーディオブックの制作に必要な要素です。満足度の高い体験を提供するためには、投資する必要があるので、有料本が高く感じます。

作品の価値評価に関して言えば、ナレーターの質や表現力は作品の価値を左右する重要な要因であり、それに見合った報酬が支払われることで、優れた作品が生まれる土壌が整えられています。

 

 

Amazonオーディブルをやめる その際の注意点

 

オーディブルをやめる際に、気を付ける注意点は5つです。

 

やめる際の注意点

  1. 再入会ができる
  2. 休会ができる
  3. 終了日まで聴き放題は聴ける
  4. 聴き放題のタイトルはダウンロードしても聴けない
  5. 購入したタイトルは解約後も聴ける

 

なお、この5つの注意点に関しては、下記の記事に詳しく書いてます。参考にして下さい。

Amazonオーディブルは解約(退会)できない の?PCサイト・スマホでもカンタン解約!無料期間での解約・休会からオーディブルの評判まで解説

      Amazonオーディブルに登録して試してみたいけれど、解約できるか不安なあなたへ。私も、最初にオーディブルを登録する前には、解約できるか不安でした。 しかし、 ...

続きを見る

 

Amazonオーディブルが向いている人・向いていない人

 

Amazonオーディブルは、多くの人にとって便利な読書方法として知られていますが、あなたに本当に向いているのか、向いていないのかを判断するために、以下のポイントを考慮してみましょう。

 

オーディブルが向いている人

 

1. **ながら読書の時間が1日1時間は取れる人:**

オーディブルは、通勤中やジョギング中など、他の作業をしながらでも聴けるので、スキマ時間を活かしたい忙しい人にぴったりです。

 

2. **ジャンルにしばられない読書傾向の人:**

オーディブルでは幅広いジャンルのオーディオブックが用意されています。小説からビジネス書、自己啓発まで、自分の興味に合った本を探すことができます。

 

3. **移動時間の多い人:**

車の運転中や公共交通機関を利用している際に、オーディブルを活用することで、有効な読書時間を確保できます。

 

4. **知識欲旺盛な人:**

オーディブルには多くの専門知識を持つ著名な著者による本が揃っています。新しい知識を身につけたい人に最適です。

 

5. **併読したい人:**

複数の本を同時に読み進めたい人にとって、オーディブルは非常に便利です。複数の本を並行して聴けるので、複数の興味を満たすことができます。

 

6. **読書好きの人:**

書籍だけでなく、オーディブルの豊富なコンテンツが読書の幅を広げます。読書愛好家にとって、新しい読書体験を提供します。

 

7. **読書が苦手な人:**

文字を読むのが苦手な人でも、物語性や情報を楽しむことができるので、読書のハードルを下げることができます。

 

オーディブルが向いていない人

 

1. **コレクションとして本も楽しみたい人:**

本の装丁や質感を楽しみたい方には、オーディブルでは物理的な本の魅力は味わえません。

 

2. **新刊本・話題の本などピンポイントで本を選びたい人:**

オーディブルのライブラリーには最新の新刊本が揃っているわけではないため、ピンポイントで特定の本を求める場合には制約があるかもしれません。

 

3. **オーディオブック向けの時間が取れない人:**

オーディブルを活用するためには、聴書専用の時間を確保する必要があります。時間に余裕がない人には向いていないかもしれません。

 

以上のポイントを考慮して、あなたにとって最適な読書スタイルを見つける手助けとしてみてください。

 

なお、下記の記事にはオーディブルの評判について書いてます。参考にしてみて下さい。

Amazonオーディブルは解約(退会)できない の?PCサイト・スマホでもカンタン解約!無料期間での解約・休会からオーディブルの評判まで解説

      Amazonオーディブルに登録して試してみたいけれど、解約できるか不安なあなたへ。私も、最初にオーディブルを登録する前には、解約できるか不安でした。 しかし、 ...

続きを見る

 

Amazon オーディブルを解約するとどうなる?退会に関するポイント

 

オーディブルを解約するとどうなる?要約すると以下の通りです。

 

Amazonオーディブルの会員資格は、退会申し込み完了後、前回の請求日から1カ月後に失効します。ただし、無料体験を行った場合は、無料体験期間が終了した時点で会員資格が失効します。

会員資格が失効すると、ライブラリー内の聴き放題特典を利用していたタイトルは「利用不可」と表示されます。ただし、退会後でも、ライブラリーから購入したタイトルは引き続き聴くことができます。

要するに、Amazonオーディブルの退会後は聴き放題特典の利用ができなくなりますが、購入したタイトルは引き続き楽しむことができます。退会手続きを検討する際には、これらのポイントを考慮に入れてください。

 

 

オーディブル以外のサービスを比較

 

オーディオブック市場の人気を二分しているのは「Audible」「audiobook.jp」です。

 

音声読書サービスの比較

 

Audibleは、アメリカでスタートしたAmazonのサービスで、2015年から日本でも展開され、現在は世界10カ国に広がっています。具体的な会員数は公表されていませんが、2022年1月に導入された聴き放題プランにより、会員数は急増。年々右肩上がりで増加しています。

 

 

 \オーディブル30日間の無料体験はコチラ/

 

オーディブル無料体験

 

 

オトバンクが運営するaudiobook.jpは、2007年に「FeBe」としてスタートし、当時の日本ではまだ一般的でなかったスマートフォンの普及を前に、国内初のオーディオブックサービスとして登場しました。その後、2018年に「audiobook.jp」という名称に変更され、日本のオーディオブック業界を牽引しています。

このサービスは、2022年6月に会員数250万人を突破し、日本マーケティングリサーチ機構の調査によれば、2021年と2022年の2年連続で「オーディオブック書籍ラインナップ数 日本1位」と「ビジネス書籍ラインナップ数 日本1位」に選ばれるなど、その充実したコンテンツが高く評価されています。

audiobook.jpは、オーディオブックの分野で先駆的な存在であり、幅広いジャンルの書籍を提供しています。日本の読書市場に革命をもたらし、便利で手軽に本を楽しむことができるプラットフォームとして多くのユーザーに支持されています。オーディオブックを通じて、本の世界を新しい形で体験したい方にとって、audiobook.jpは理想的な選択肢となっています。

 

audiobook.jpの登録は

コチラ↓



 

 

Audibleとaudiobook.jpの料金プランを比較

Audible audiobook.jp
料金プラン

(税込)

聴き放題 月額1500円
  • 聴き放題プラン:月額1330円(または年額9900円)
  • 月額会員プラン:月額550円〜
  • チケットプラン:月額1500円/月額2900円
支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • d払い
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
  • iOS App内課金
  • Google Play内課金
無料体験期間 30日間 14日間(聴き放題プラン)

 

電子書籍・オーディオブック(Audible)・紙の本、それぞれサービスの比較

 

電子書籍(Kindle)、オーディオブック(Audible)、紙の本、それぞれの特長を比較し、使い分けの方法について考察してきました。

 

これらのメディアにはそれぞれ独自のメリットとデメリットがあります。

電子書籍は持ち運びが便利で、多くの本を1台のデバイスで読めるという利点があります。一方、オーディオブックは移動中や家事をしながらでも本を楽しめ、朗読で本の世界観を味わえるという特長があります。紙の本は手に取る感触や匂い、レイアウトなど、独自の魅力があります。

 

結論として、これらのメディアをうまく使い分けることが大切です。同じ本でも、読む場面や目的によって適したメディアが異なります。例えば、移動中に本を楽しみたい場合はオーディオブックが便利ですし、集中して読書をしたい場合には電子書籍や紙の本が適しています。

KindleとAudibleはどちらも1ヶ月の無料体験が可能です。自分のライフスタイルやニーズに合ったメディアを試してみて、最適なものを選んでみると良いでしょう。それぞれの特長を活かして、より充実した読書体験を楽しんでください。

 

 

Amazonオーディブルに関する質問

 

Q:オーディブルは聴き終わるまでに、時間がか掛かりますか?

 

A: Audibleでの本の読書時間を実際に読んだ15冊の本をもとに計算しました。ビジネス書や自己啓発本の再生時間は1冊あたり平均4時間44分(等倍速)でした。1日30分の読書で1冊読むのには10日かかります。

 

実際に読んだ本を見ると、1冊あたり4~5時間の本が多かったです。ビジネス本は重要な部分と具体例や引用に分かれているので、ある程度聞き流すことができます。つまり、再生速度を上げやすいという特徴があります。具体例をイメージしながら重要な部分を拾っていく感じで読むことができます。

 

1倍速ではかなりゆっくり進みますので、初めての方でも1.5倍速程度から始めることをおすすめします。1倍速だと1冊あたりの読書時間が長く感じられますが、1.5倍速だと月に3冊読むことができるでしょう。Audibleを活用して、効率的にビジネス書や自己啓発本を読むことができます。

 

(参考)ビジネス本15冊の再生時間を計算した結果、平均4時間44分でした。再生速度を上げつつ、重要な部分を押さえて読むことで、効率的な読書が可能です。初めての方でも1.5倍速程度から始めてみると良いでしょう。

 

Q:オーディ ブルは無駄ですか?

 

A:オーディブルは、歩きながらやシャワー中など、普段はボーっと過ごす時間を有効活用して読書することができる方法がある。

 

例えば、孫正義さんは学生時代、食事中でも教科書を読んで時間を惜しんでいた。彼の夢は「両目で料理を見ながら食事をしたい」というものだった。しかし、シャワー中に教科書を読んでいたという話はない。それでも、彼のようなデッドタイム(無駄な時間)を読書タイムに変えることはできる。

 

さらに、オーディオブックを利用すると、活字が苦手な人でも本を理解できる場合がある。活字を処理するよりも音声を処理する方が脳に負担が少ないため、普段よりも多くの本を聴くことができる。オーディオブックを体験すると、本を読むときと同じように脳が活性化し、内容を理解できる感覚が得られる。これにより、読書体験が豊かになり、疲れにくくなる。

 

要するに、普段の生活の中で読書時間を作ることが難しい人でも、オーディオブックを利用すれば、移動中や日常のルーティン作業中に本を楽しむことができる。これによって、知識を増やしたり、趣味の世界に浸ったりすることができ、無駄な時間を有効に活用できるのだ。

 

Q:オーディブルの解約のタイミングは?

 

A:Audibleの解約タイミングについて知っておくべきポイントをお伝えします。

Audibleを解約する際のおすすめタイミングは、次回契約更新日前の自由な時期です。解約手続きを行っても、次回契約更新日までサービス特典を利用できますので、損をすることはありません。

 

ただし、無料トライアル延長キャンペーンなど、無料期間を提供している場合は注意が必要です。Audibleは月次更新を行っており、3ヵ月間の無料トライアル期間中でも毎月の更新が行われます。

 

したがって、無料体験をした初月に解約手続きを行うと、1ヵ月で無料期間が終了してしまいます。

最終月かつ契約更新日の前に解約手続きをすることをおすすめします。このようにすることで、無料期間を最大限に活用し、スムーズに解約手続きを行うことができます。Audibleのサービスを利用する際には、このポイントを覚えておくと安心です。

 

Q:オーディブルの退会はスマホでできますか?

 

A:Audibleアプリを削除(アンインストール)しただけでは退会になりません。 ご注意ください。 退会すると、現在お持ちのコイン、および会員特典が利用できなくなります。 スマホサイトやアプリからは退会手続きができません

 

Q:解約したAudibleで購入した本は聴ける?

 

A:Audibleで解約した場合、購入した本は引き続き聴くことができます。

退会手続き完了後、前回の請求日から1カ月経過後に会員資格が失効します。この際、無料体験期間中に無料体験を行った場合は、無料体験期間終了時に会員資格が失効となります。会員資格が失効すると、ライブラリー内の聴き放題特典は利用できなくなり、該当タイトルの横に「利用不可」と表示されます。しかし、退会後でもライブラリーから購入した本は引き続き聴くことができます。解約しても手元の本は失わず、購入したタイトルはいつでもアクセス可能です。

これにより、Audibleのサービスを利用した際に購入した本は、退会後も快適に聴くことができます。

 

まとめ

 

オーディブルで本を購入した後、解約しても手元の本は失われず、引き続き聴くことができます。

退会後はライブラリーから購入した本はいつでもアクセス可能で、無料体験期間中に無料体験を行った場合でも、購入したタイトルは利用できます。つまり、オーディブルのサービスを利用した本は、会員資格が失効しても快適に聴き続けることができます。

 

Amazonオーディブルを無料で始めてみて、本を聴くワクワクを体感してみては❗️

 

 

オーディブル無料体験

 

▷▷▷無料体験中でも退会できるので安心❗️詳しくはコチラ

 

 

audiobook.jpの登録は

コチラ↓

 

-オーディブル

© 2024 スキマ時間の学びサイト Powered by AFFINGER5